bratri_grimmove_201309172013566

小作人と悪魔

かつて先見の明をもったずる賢い小作人がいた。その小作人のいたずらの多くが語り継がれている。その中でも最も有名なのが悪魔をもてあそび馬鹿にした話である。… 続きを読む 小作人と悪魔

bratri_grimmove_201309172013566

舌平目

魚たちは長い間不満をつのらせていた。なぜならば魚たちの国は秩序が乱れていたのだ。誰一人他の人のために道を開ける者はおらず、皆が思うがままに右へ左へと泳… 続きを読む 舌平目

bratri_grimmove_201309172013566

旅にでる

あるところに貧しい女がいた。その女の息子は旅に出たがっていた。でも母は言った。「お前はどうやって旅に出るんだい?お前にあげられるお金なんて全くないんだ… 続きを読む 旅にでる

bratri_grimmove_201309172013566

ふくろう

200年か300年も前のこと、まだ人々が今ほどずるくも悪くもなかった時代に、ある小さな町でちょっと変わった出来事が起こりました。 いくつかの不運が重な… 続きを読む ふくろう

bratri_grimmove_201309172013566

賢い召使

一家の主人にとって、賢明な召使を雇うことはなんと幸運なことで、家の中のことがすべてなんとも首尾よく片付くのです。それはどんな召使いかと言いますと、主人… 続きを読む 賢い召使

bratri_grimmove_201309172013566

麦の穂

むかしむかし、神がまだ地球上を歩いていたころのお話です。そのころの大地の恵みは今よりももっと素晴らしいものでした。麦の穂は50、60粒ではなく400、… 続きを読む 麦の穂

bratri_grimmove_201309172013566

馬のひずめ

ある商人は健全な仕事をしていました。品物を売っては金や銀をお金を入れる袋に入れて、その袋を並べておいていました。それから商人はそろそろ家へ帰る準備をし… 続きを読む 馬のひずめ

bratri_grimmove_201309172013566

黄金の鍵

冬が訪れ、深い雪が大地を覆うころ、ある貧しい男の子はそりに乗って薪(まき)を集めに森へと出かけなければなりませんでした。男の子は薪を集め、その集めた薪… 続きを読む 黄金の鍵

bratri_grimmove_201309172013566

黄金の鳥

昔王様がいて、宮殿の裏に金のリンゴが実る木がある美しい庭園をもっていました。リンゴが熟してくると数がかぞえられたのだが、まさにその翌朝、1つなくなって… 続きを読む 黄金の鳥

bratri_grimmove_201309172013566

土まんじゅう

裕福な農民はある日、庭に立って畑と庭を見ていました。麦は力強く大きくのび、果樹には果物がどっさりとついていました。一年前の穀物はまだ床に計り知れないほ… 続きを読む 土まんじゅう

bratri_grimmove_201309172013566

6羽の白鳥

昔々あるところに、王様が広い森で狩りをしていました。王様はとても熱心に動物を追いかけていたので、お付きの人たちは誰も王様についていくことができませんで… 続きを読む 6羽の白鳥

bratri_grimmove_201309172013566

布きれ

昔あるところに見た目は可愛らしいがだらしない性格の少女がいた。少女は糸を紡ぐのにイライラし、亜麻にちょっとした結び目でもあるとすぐに周りの糸ごと引き抜… 続きを読む 布きれ