青いゆき

青いぞ、 ゆきはまつさを、 もも、さくらぎに花咲かず、 青いこなゆき、 光る山路に泣きくらす。 青いぞ。

愛の詩集

私の友人、室生犀星の芸術とその人物に就いて、悉しく私の記録を認めるならば、ここに私は一冊の書物を編みあげねばならない。それほど私は彼に就いて多くを知りすぎて居る。それほど私と彼とは密接な兄弟的友情をもつて居る。 およそ私… 続きを読む 愛の詩集

愛の詩集

ちちのみの父を負ふもの ひとのみの肉と骨とを負ふもの きみはゆくゆく涙をながし そのあつき氷を踏み 夜明けむとするふるさとに あらゆるものを血まみれにする 萩原朔太郎