青い星の国へ

デパートの内部は、いつも春のようでした。そこには、いろいろの香りがあり、いい音色がきかれ、そして、らんの花など咲いていたからです。 いつも快活で、そして、また独りぼっちに自分を感じた年子は、しばらく、柔らかな腰掛けにから… 続きを読む 青い星の国へ

青いボタン

小学校時分の話であります。 正雄の組へ、ある日のこと知らない女の子がはいってきました。 「みなさん、今日から、この方がお仲間になられましたから、仲よくしてあげてください。」と、先生はいわれました。 知らない人がはいってく… 続きを読む 青いボタン

青い石とメダル

犬ころしが、はいってくるというので、犬を飼っている家では、かわいい犬を捕られてはたいへんだといって、畜犬票をもらってきてつけてやりました。 しかし、かわいそうなのは、宿なしの犬でありました。寒い晩も、あたたかい小舎がある… 続きを読む 青い石とメダル

青い草

小さな姉弟は、父の目が、だんだん見えなくなるのを心配しました。 「お父さん、あのカレンダーの字が、わからないの?」と、壁の方を指していったのは、もう前のことであります。お父さんが、会社をやめてから、家の内にも夜がきたよう… 続きを読む 青い草

青い玉と銀色のふえ

北のさびしい海のほとりに、なみ子の家はありました。ある年、まずしい漁師であったおとうさんがふとした病気で死ぬと、つづいておかあさんも、そのあとを追うようにして、なくなってしまいました。かねて、びんぼうな暮らしでしたから、… 続きを読む 青い玉と銀色のふえ

青い時計台

一 さよ子は毎日、晩方になりますと、二階の欄干によりかかって、外の景色をながめることが好きでありました。目のさめるような青葉に、風が当たって、海色をした空に星の光が見えてくると、遠く町の燈火が、乳色のもやのうちから、ちら… 続きを読む 青い時計台

青い花の香り

のぶ子という、かわいらしい少女がありました。 「のぶ子や、おまえが、五つ六つのころ、かわいがってくださった、お姉さんの顔を忘れてしまったの?」と、お母さまがいわれると、のぶ子は、なんとなく悲しくなりました。 月日は、ちょ… 続きを読む 青い花の香り

愛に就ての問題

私は母の愛というものに就いて考える。カーライルの、母の愛ほど尊いものはないと云っているが、私も母の愛ほど尊いものはないと思う。子供の為めには自分の凡てを犠牲にして尽すという愛の一面に、自分の子供を真直に、正直に、善良に育… 続きを読む 愛に就ての問題