蒼馬を見たり

自序 あゝ二十五の女心の痛みかな! 細々と海の色透きて見ゆる 黍畑に立ちたり二十五の女は 玉蜀黍よ玉蜀黍! かくばかり胸の痛むかな 廿五の女は海を眺めて 只呆然となり果てぬ。 一ツ二ツ三ツ四ツ 玉蜀黍の粒々は二十五の女の… 続きを読む 蒼馬を見たり

あひびき

火の氣がないので、私は鷄介と二人で寢床にはいつてゐた。朝から喋つてゐたので、寢床へはいると喋ることもなく、私は、あをむけになつて、眼の上に兩手をそろへて眺めてゐた。鷄介も兩の手を出した。私は鷄介の大きい掌に自分の手を合は… 続きを読む あひびき

愛する人達

ばうばうとした野原に立つて口笛をふいてみても もう永遠に空想の娘らは来やしない。 なみだによごれためるとんのずぼんをはいて 私は日傭人のやうに歩いてゐる。 ああもう希望もない名誉もない未来もない。 さうしてとりかへしのつ… 続きを読む 愛する人達