bratri_grimmove_201309172013566

ガラスの棺

貧しい仕立て屋だからと言って、大それたことを成し遂げることができないとか、高い地位に着くことはできない、などと、だれも言ってはいけない。必要なこととい… 続きを読む ガラスの棺

bratri_grimmove_201309172013566

十二人の狩人

あるところに、とても愛してやまない許嫁と婚約している王様の王子がいた。そして彼は、彼女とともにいた時、とても幸せであった。父が病に倒れ、死んだという知… 続きを読む 十二人の狩人

bratri_grimmove_201309172013566

なでしこ

昔神が子供をお授けにならなかった王妃がいました。毎朝彼女は庭園に出て天の神に息子か娘を授けてくださるようにお祈りをしました。すると天から天使が彼女の元… 続きを読む なでしこ

bratri_grimmove_201309172013566

三匹の小鳥

千年かそれ以前に、この国には小さな王様しかいなかった。そのような王様のうち、コイテル山に住んでいる王様は狩りが大好きでした。あるとき、王様は猟師と一緒… 続きを読む 三匹の小鳥

eli-lilly-raises-insulin-prices-while-supporting-people-with-diabetes-2-800x600

赤ずきん

昔あるところに小さな愛らしい女の子がいました。この女の子に会った人はみな彼女のことを好きになりましたが、特に彼女のおばあさんはこの子のことが大好きで、… 続きを読む 赤ずきん

bratri_grimmove_201309172013566

三枚の羽

むかし、むかし、あるところに、三人の息子を持つ王様がいた。三人の息子のうち二人は賢く利口、でも三人目の息子はほとんど口を利かないし、単純で無知。間抜け… 続きを読む 三枚の羽

bratri_grimmove_201309172013566

コルベスさま

昔、いっしょに旅をしたいと思ったおんどりとめんどりがいた。それで、おんどりは美しい馬車を作った。その馬車には赤い4つの車輪がついていて、4匹のネズミが… 続きを読む コルベスさま

bratri_grimmove_201309172013566

ホレおばさん

夫をなくしたあるご婦人には、二人の娘がいた。ひとりは美人の働き者。もうひとりは、醜い怠け者。醜い娘が実の娘だったため、母親はその娘を一番に可愛がった。… 続きを読む ホレおばさん

bratri_grimmove_201309172013566

きつねと馬

ある農夫は誠実な馬を飼っておりました。その馬はもう年を取って十分に働けなくなっていました。それでその馬の主人はもはや食べ物も与えようとしません。 「わ… 続きを読む きつねと馬

bratri_grimmove_201309172013566

三人の怠け者

とある王様に三人の息子たちがいた。王様は三人ともかわいがっていたので自分が死んだあと誰を後継者にしようか迷っていた。王様は自分の最期が近づいてくると、… 続きを読む 三人の怠け者