机の上のパンのかけら

『机の上のパンのかけら』の全文

田舎者の男は飼っている子犬達に「家主の女性はお出かけ中だから家に入って机の上のパンの残りを食べたに客室へ入ってこい。」と言いました。

すると子犬は「いいえ、結構です。家主の女性に見つかったら怒られてしまいます。」と言いました。

その男は「大丈夫、見つからないさ。今、入らないと今後、何も良い物はあたえてもらえないぞ。」と言いました。

すると、子犬は「いえいえ、そんなこと私たちにはできません。」と言いました。しかし、その男は子犬達をそっとしてくれず、子犬達は家の中へ入り、パンの残りを食べてしまいました。

まさにその時、家主の女性が帰って来てしまい、慌てて棒を手に取り振り回し、子犬達にお仕置きしました。

子犬達が外に出た時、男に「ど、ど、ど、どういうことですか?」と言いました。「よ、よ、よ、予想しなかったのか?」と男は笑いながら言いました。みんな逃げるしかありませんでした。

『机の上のパンのかけら』の解説

  • タイトル机の上のパンのかけら
  • 書籍名机の上のパンのかけら
  • 著作者グリム兄弟
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日