三枚の羽

『三枚の羽』の解説

  • タイトル三枚の羽
  • 著作者グリム兄弟
  • 書籍名三枚の羽
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『三枚の羽』の全文

    むかし、むかし、あるところに、三人の息子を持つ王様がいた。三人の息子のうち二人は賢く利口、でも三人目の息子はほとんど口を利かないし、単純で無知。間抜けの抜け太郎と呼ばれていた。

    王様は年を取って、体も弱ってきた。そこでふと、自分が死んだときのことを考えていた。王様はどの息子が自分がいなくなった後の王国を引き継ぐべきか、分からなかった。そこで王様は息子たちにこう言った。

    「出発するのだ。わたしに最も美しいじゅうたんを持ち帰ってきた者を、わたしが死んだ後の王としよう。」

    三人の間に争いがあってはならないので、王様は三人を城の外へ連れていった。そして三枚の羽をふぅっと空中に吹いた。

    「お前たちは羽が飛んで行ったほうに行くのだ。」と王様は言った。

    羽の一つは東へ飛んで行った。他の羽は西に、でも、三つ目の羽は、まっすぐ上にぴゆーっと飛んで遠くへは飛ばなかった。ただ、地面にぽとん、と落ちた。一人目の息子は右へ行った。もう一人の息子は左へ行った。間抜けの抜け太郎は、三つ目の羽が落ちた場所にいるはめになったものだから、ほかの二人は抜け太郎を馬鹿にして笑った。

    悲しくて座り込んだそのとき、抜け太郎は、羽の近くに上げ蓋があるのを見つけた。蓋を開けると、中に階段があった。その階段を下りていくと、ほかの扉の前にやってきた。こんこん、とノックした。すると中から誰かが呼んでいる。

    「ちっちゃなかわいい緑のおじょうちゃん、こっちへぴょんぴょん、あっちへぴょんぴょん、扉のほうへぴょんと行って、誰がいるのか、ぱぱっとみておいで。」

    その扉が開いて、間抜けの抜け太郎が見たものは、大きく太ったかえる。そのかえるの周りにひしめいているものは、小さなかえるたち。大きなかえるが何の用かと、間抜けの抜け太郎に聞いた。

    「世界で一番美しくて、立派なじゅうたんが欲しいんだ。」

    太ったかえるは若いかえるを呼んで言った。

    「かわいいちっちゃな緑のおじょうちゃん、こっちへぴょんぴょん、あっちへぴょんぴょん、ぴょんっといって、とっといで。おっきなあの箱、とっといで。」

    若いかえるは、その箱を持ってきた。それを太ったかえるがぱかっと開けた。箱からじゅうたんを取り出して抜け太郎に差し出した。あまりにも美しく、あまりにも見事なじゅうたんなので、こんなじゅうたんはこの地上のどこにもないほどだった。抜け太郎はかえるにお礼を言って、階段を、上がっていった。

    けれども、二人の兄は、一番下の弟をおまぬけと思っていたので、なにも持ってこないだろうと、思い込んでいた。

    「なんでこんなたいへんな思いをして探さないといけないんだ」

    と二人の兄は言った。そしてふたりは最初に出会った羊飼いの奥様方に、ぱさついた布切れをもらった。それを王様のもとへと持ち帰った。同じ時に抜け太郎は美しいじゅうたんを持って戻っていた。王様がそれを見て、びっくり仰天して言った。

    「判決からいうと、王国は末の息子のものだ。」

    でもふたりの兄たちは王様にうるさく言った。抜け太郎には無理だ、無知で間抜けなんだ、国王なんて務まらない。もう一度別の取り決めを行うようにと、頼み込んだ。そして王様が言った。

    「一番美しい指輪を持ち帰った者に王国を継がせる。」

    王様は三人の息子を外へ連れ出して、羽をふぅっと空中に吹いた。三人の行先は、この羽のいくところ。二人の兄たちはそれぞれ東と西へ行った。抜け太郎の羽はまっすぐ上に飛んで行って、地面にはまった扉の近くに落ちた。

    それから抜け太郎は太ったかえるに会いに、もう一度下りて行きました。そして、かえるに、一番美しい指輪がほしいんだ、と言った。かえるはすぐに、「あの」箱を持ってこさせた。かえるは箱から指輪を取り出して抜け太郎に渡した。指輪は宝石できらきらと輝いている。こんなに美しいものは、この地上でどの金細工職人のも作れはしない。

    二人の兄は抜け太郎が金の指輪を探しにいくことを笑っていた。兄たちは古い馬車の輪から釘を叩きだして、それを王様のところへ持って行った。でも抜け太郎が金の指輪を見せると、王様がまた言った。

    「王国は末の息子のものだ。」

    二人の兄は王様が三度目の条件を言うまでやかましく言い続けた。そこで王様は、もっとも美しい女性を連れてきた者が王国をもつこととする、と宣言した。王様はまた羽を宙に吹いて、羽は前と同じように飛んで行った。

    抜け太郎は大して大騒ぎもせず、太ったかえるのところまで下りて行き、こう言った。

    「わたしは、最も美しい女性をうちに連れて帰るんだ。」

    そしてかえるが答えた。「まぁ。最も美しい女性を!いまは、ここには、いないの。でも、あなたにすぐお持ちしましょう。」

    かえるは、抜け太郎に黄色のかぶを渡した。かぶの中身はくりぬいてあって、六匹のねずみが繋がれてあった。抜け太郎は悲しげに言った。

    「これでどうしろっていうのさ。」

    かえるは答えた。「その中に、うちの小さなかえるを一匹入れてみてください。」

    そこで、抜け太郎は小さいネズミたちの中から適当に一匹掴んで、黄色いかぶのくりぬいてるところに入れた。ところが、そのねずみがかぶの中に座るやいなや、ねずみがとっても美しいお嬢さんになっていた。さらに、かぶは、馬車になり、六匹のネズミは六匹の馬に変身した。

    抜け太郎はお嬢さんにキスをして馬と共にぴゅーっと駆け出し、王様のところに、お嬢さんを連れて行った。抜け太郎の兄たちは、後からやってきた。兄たちは美しい女性を探すためになんの苦労もかけず、ただ、最初にたまたま出会った農家の娘を連れて帰ってきた。王様はみんなを見て、言った。

    「わたしの死後、王国は末の息子のものだ。」

    でも、二人の兄は王様の耳をつんざくほど、やかましく叫んで言った。

    「わたしたちは、抜け太郎が国王になるなんて、納得できません。」

    というと、大広間の真ん中に掛かっている、輪っかをくぐり抜けできた妻の夫が選ばれるようにしましょう、と要求した。兄たちはこう思った。農家の娘なら丈夫だから、簡単にやってのけるはずだと。でも、か細いお嬢さんににとっては、飛んで死んでしまうだろうと。

    年老いた王様は同じようにそのことに、同意した。それから、ふたりの農家の娘は輪っかをぴょんと、飛んで、通り抜けた。でも、体が、どっしりとしていたので、こけてしまった。ごつごつした腕と足がぱきんと二つに折れてしまった。それから、抜け太郎が連れて帰ったかわいらしいお嬢さんは、ぴょんぴょんと、しかのように、軽々と飛び跳ねて、輪っかをくぐりぬけた。

    そして、これには、だれも反対しなかった。こうして、抜け太郎は王冠を受け取り、長いこと賢く王国を治めたとさ。

  • 更新日
  • 投稿日