狼と七匹の子ヤギ

『狼と七匹の子ヤギ』の解説

  • タイトル狼と七匹の子ヤギ
  • 著作者グリム兄弟
  • 書籍名狼と七匹の子ヤギ
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『狼と七匹の子ヤギ』の全文

    昔むかし、あるところに一匹の母ヤギと7匹の子ヤギが住んでいた。母ヤギは子供たちをとても可愛がっていた。ある日、母ヤギは食べ物を取りに森に行くことになった。

    「かわいい子供たち。母さんが森に行ってる間、オオカミには十分気をつけるんだよ。家に入られたら、お前たちの皮も髪も全て食べられてしまうからね。オオカミは悪知恵が働かせて、よく変装して来るんだ。でも荒々しい声を出して黒い足をしてるから、すぐに分かるよ」

    子ヤギたちは言った。

    「母さん。僕たちは大丈夫だから。心配いらないよ」それを聞いた母ヤギは、安心して出かけて行った。まもなく誰かがドアをたたく音がした。

    「子供たちよ、開けておくれ。母さんだよ。お前たちにお土産を持ってきたよ」

    しかし子ヤギたちは、荒々しい声を聞いてオオカミだと気づいてこう言った。

    「開けないよ。あんたは母さんじゃない。母さんは穏やかできれいな声だ。さてはオオカミだな」

    そこでオオカミは店でチョークを大量に買い、それを食べると穏やかな声になった。再びヤギの家にやって来て、ドアをたたいてこう言った。

    「子供たちよ、開けておくれ。母さんだよ。お前たちにお土産を持ってきたよ」

    しかし子ヤギたちは、窓に映る黒い足を見て言った。

    「開けないよ。母さんは黒い足じゃない!お前はオオカミだな」

    そこでオオカミはパン屋にかけ込んで「足をケガしたから生地をつけてくれ」と頼んだ。パン屋の店主が足に生地を塗ると、今度は粉屋に行き「白い粉を足にまぶしてくれ」頼んだ。

    粉屋は怪しいと思い「人をダマすつもりなら断る」と言った。

    しかしオオカミは「言うとおりにしないと食っちまうぞ」と脅した。それを聞いた粉屋は怖くなり、足を白くした。誠実な人とは、こういう人である。

    一方で不誠実なオオカミが再びやって来た。これで3回目だ。「子供たちよ、開けておくれ。大好きな母さんが帰ってきたよ。お前たちにお土産もあるんだ」

    「本当に母さんなら、お前の足を見せろ」と子ヤギたちは言った。オオカミは窓ごしに足を見せた。白い足だったので、すっかり母さんだと思い込みドアを開けてしまった。ところが、それはオオカミだった!子ヤギたちは怖くなり隠れた。

    一匹目はテーブルの下に隠れ二匹目はベッドの中。3匹目はストーブの中へ。そして四匹目はキッチンの中。五匹目は食器棚の中に隠れ六匹目は洗面台の下。そして最後の七ひき目は時計の中へと隠れた。だが全員見つかり、容赦なく次々とオオカミに飲み込まれてしまった。時計の中にいた子ヤギだけが助かった。

    オオカミはお腹いっぱいになって家を去り、草原の木の下で居眠りを始めた。しばらくして母ヤギが家に着いて、見たものとは!!!ドアが全開の我が家だった。テーブルやイス、ベンチもなぎ倒され、洗面台は粉々に割れていた。さらにベッドカバーや枕もはぎ取られていた。母ヤギは子供たちを探したが見つからず、名前を一ぴきずつ呼んでも返事がなかった。

    だがついに、兄弟で末っ子のヤギを見つけた。末っ子は泣きながら「ママー、僕は時計の中だよー」母ヤギは子を外へ出してやった。末っ子は、兄ヤギ全員が食べられたことを話した。母ヤギはひどく嘆き悲しんだであろう。悲しみのあまり、ついに末っ子と一緒に残りの子たちを助けに出かけた。草原に着くと、木の枝が揺れるくらい大いびきをかいて寝ているオオカミがいた。

    母ヤギは、オオカミの大きく膨れたお腹の中で何かがもがいているのに気づいた。「まあ、なんてこと!食べられたはずの子供たちが、まだ生きてるなんて!」そこで末っ子は家に戻って、ハサミと針と糸を取りに行った。母ヤギはオオカミの腹に一度、ハサミを入れると、すぐに一匹目の子ヤギが頭を出した。さらに切ると残りの子ヤギも次々と飛び出してきた。全員ケガもなく無事だった。

    オオカミは、えらく食い意地が張っていたのでヤギを丸のみにしたのだ。嬉しさのあまり母ヤギに抱きつき、まるで結婚式のように大喜びした。

    一方で母ヤギは「大きな石を探してきて。この不届き者が寝てるうちにお腹に詰めるのよ」と命じた。子ヤギたちは大急ぎで石を運び、お腹にいっぱい詰めた。母ヤギはオオカミが目を覚まさないうちに、速やかにお腹を縫った。そしてついにオオカミが起きた。

    お腹が石でいっぱいのせいで、とても喉が渇いたのだ。井戸まで行こうとした、そのとき。腹の中の石がぶつかってガタガタ鳴った。

    「なんだ?オレの骨に何かが当たってるぞ。あっ子ヤギの奴らか。石じゃなきゃいいや」オオカミはやっと井戸に着き水を飲もうとした。その時だった。石の重みで井戸に落ちてしまった。助けてくれる者もいなく、無残にも溺れ死んでしまった。それを見た七匹の子ヤギは、井戸まで来て叫んだ。

    「オオカミが死んだぞ!」

    そして母ヤギと一緒に、嬉しさで飛び上がって喜んだということだ。

  • 更新日
  • 投稿日