アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案

『アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案』の解説

1729年、スウィフト62歳の作。当時彼はダブリンで聖パトリック寺院のディーンとしての生活を送っていたが、アイルランドの窮状を見かねて発表したもの。人食いというテーマを通して、人間の本質を追究した作品。(sogo)「アイルランドの貧民の子供たちが両親及び国の負担となることを防ぎ、国家社会の有益なる存在たらしめるための穏健なる提案」

  • タイトルアイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案
  • 著作者スウィフト ジョナサン
  • 書籍名アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語新字新仮名
  • 著作権状態*著作権存続*
  • 『アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案』の全文

  • 投稿日