ヘンゼルとグレーテル

『ヘンゼルとグレーテル』の解説

  • タイトルヘンゼルとグレーテル
  • 著作者グリム兄弟
  • 書籍名ヘンゼルとグレーテル
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『ヘンゼルとグレーテル』の全文

    とある大きな森の近くに、貧しいきこりとその妻が2人の子どもと一緒に暮らしていました。 一人は男の子のヘンゼル、もう一人は女の子のグレーテル。彼らには食べ物や飲み物がほとんどありませんでした。陸地で大きな飢饉があり、きこりはふだん食べるパンすら手に入りませんでした。

    ある夜、きこりはベッドに横になって寝返りを打ちながら、そのことを考えていました。深くため息をつくと、妻に言いました。

    「俺たちどうなるのかな。子どもたちを食べさせてやれねぇ。もう何も残ってないよ」

    「あたしに考えがあるわよ、あなた。」

    妻は答えました。「明け方早くに子どもたちを森へ連れて行くの。森の一番奥へとね。そこであたしたちは火を起こす。あの子たちにはパンを渡して、あたしたちは仕事へ出かけ、そのまま置いてけぼりにするの。あの子たちに帰り道なんて分からないさ。2人には黙っておくのよ。」

    「おまえ、そんな。」木こりは言いました。「そんなことできないよ。あの子たちを森へ連れて行って置き去りにするなんて、とてもできやしない。すぐに森の動物がやって来て、食べられてしまうよ。」

    「馬鹿だね、あんたは。」妻は言いました。「そいじゃあ、あたしたちみんな飢えてしまうよ。棺でも準備しとくんだね。」

    妻は夫が納得するまで休ませてくれません。

    「だけど、本当にかわいそうな子たちだ。」木こりは言いました。ヘンゼルとグレーテルは腹ぺこで眠ることができずにいたため、継母と父親の今の会話を聞いていました。グレーテルは悲しくて泣いてしまい、ヘンゼルにこう言いました。

    「あたしたちもうお終いなのね。」「静かに、グレーテル。」ヘンゼルは言いました。

    「心配しないで。1つだけ方法がある。」両親が寝静まると、ヘンゼルは起きて、コートを羽織り、裏口の戸を開けて家から抜け出しました。月が明るく照らし、家の前に転がっている白い石たちが、まるで銀のように光っています。ヘンゼルはしゃがんでコートの小さなポケットいっぱいに石を詰めました。ヘンゼルは部屋に戻ってグレーテルに、「大丈夫、ベッドに入ってお休み。神さまは僕たちのこと見捨てないさ。」そう伝えると自分のベッドにまた横になりました。

    夜が明けるころ、太陽が昇るまえに、継母が来て子どもたちを起こしました。

    「起きな!ダラけ痩せっぽちども!木を切りに森へ行くよ。」継母は2人にそれぞれパンを一切れ渡して、「これが夜ご飯だよ。これ以上は無いんだから、早く食べちゃダメよ。」

    グレーテルは、もらったパンをエプロンの中にしまいました。ヘンゼル兄さんのポケットはすでに石でいっぱいだからです。 家族は森へと出発しました。その道中、ヘンゼルは立ち止まり、振り返って家の方を見つめました。何度も何度も。すると父は尋ねました。

    「ヘンゼル、何を見ているんだい?足元に気をつけてくれよ。」

    「えとね、父さん」ヘンゼルは答えました。「屋根でお座りしてる白い子猫を見ていたんだ。僕にさようならを言ってるよ。」

    「お馬鹿さんね。」継母が言いました。「それは子猫ではないよ。煙突に差したお日様の光さ。」もちろん、ヘンゼルは子猫を見ていたのではなく、ときどき小石をポケットから取り出して道に落としていたのでした。 一行は森の真ん中までたどり着きました。父は子どもたちに、温まるための火に必要な木を集めてきなさいと伝えました。ヘンゼルとグレーテルは森の中でしだを集めて来ました。 火起こしの準備が済むと、火は高くまで燃え上がりました。

    継母は「さあ、火のそばで横になってお休み。あたしたちは木を切ってくるよ。準備が整ったら呼びにくるからね。」 ヘンゼルとグレーテルは火の近くに座り、正午になると、もらったパンを食べてしまいました。父はまだ森に居るものと2人は思っていました。なぜなら斧を打つ音が聞こえていたからです。しかし、じつはその音は、枯れ木に、乾いた木の枝が風であちこちぶつかる音だったのです。なので2人は長い時間その場にとどまっていました。疲れていたため目を閉じ、そのまま眠ってしまいました。

    2人が目を覚ましたころには夜になっていました。グレーテルが泣きながら言いました。「一体どうやって森から抜けたらいいの?」しかしヘンゼルが慰め、「もうすこしだけ待とう。月が出るまで。そうすれば帰り道がわかるよ。」そして満月が空に昇ったころ、ヘンゼルはグレーテルの手を取り、小石を落として来た道へと向かいました。小石はまるで銀のように光っていて、道を照らしていました。夜の道を2人は歩いて行き、夜が明けたころ、きちんと家まで帰ることができました。 家のドアをノックすると、継母が出てきました。ドアを開けた継母は、そこにいるヘンゼルとグレーテルを見ると「わんぱくな子たちだ。なぜ森であんなに長い時間眠ってしまったんだい。もう二度と家には帰ってこないんじゃないかと思ったよ。」

    しかし父親は喜びました。子どもを森に置き去りにしたことを悔やんでいたのです。 しかし、さらに大きな恐怖がすぐに降りかかることになります。その夜、ベッドで継母が父にこう言っているのを聞いてしまいました。「何もかもおしまいだ。手元にあるのはパンが半分だけ。その後はもう終わりだよ。あの子らがいちゃダメよ。森のうんと奥へ置いてこなくちゃ。そしたらもう帰り道なんて見つけられない。どうしようもないはずさ。」

    木こりは心から悲しみました。「せめて最期の一口くらい子どもと分けたいなあ」木こりはそう思いました。けれども妻は聞く耳など持ちません。それどころか怒鳴って叱りつけてくるのです。木こりも白黒はっきりさせなければならず、男が一度決めた以上、もう一度実行しなければいけません。 しかし、ヘンゼルとグレーテルは眠れず、この会話を聞いていました。両親が寝静まると、ヘンゼルは起き上がりました。前回と同じように外へ出て、今度はうんとたくさんの小石を拾うためです。しかし、継母がドアに鍵をかけてしまっていたため、外へ出ることができませんでした。それでもヘンゼルは、妹のグレーテルを慰めました。「泣いちゃだめだよ。静かにお休み。きっと神様が助けてくれる。」

    朝早くに継母がやって来て、ヘンゼルとグレーテルをベッドから引っ張り出しました。そして2人にそれぞれ小さなパンを、それも前回より小さなパンをあげました。森へ向かう道の途中、ヘンゼルはもらったパンをポケットの中で粉々にし、たびたび立ち止まってはパン屑を道へ落として行きました。

    「ヘンゼル、後ろで立ち止まって何を見ているんだ?」父が尋ねました。

    「屋根にお座りしている小さな鳩を見ているんだ。僕にさようならを言ってるよ。」ヘンゼルは答えました。

    「お馬鹿だよあんた。」継母が言いました。「それは鳩じゃなくて、煙突に差したお日様の光さ。」ヘンゼルは前と同じやり方で、道にパン屑をまきました。いままで一度も通ったことのない道です。

    そしてまた大きな火を起こし、継母は言いました。「あんたたち、ここへ座っておくんだよ。疲れたら眠ってもいいからね。あたしたちは木を切りに行ってくる。夕方の帰る頃には呼びにくるよ。」 それから正午になると、グレーテルはヘンゼルにパンを分けてあげました。ヘンゼルのパンは、ここに来るまでの道にばらまいてしまってるからです。2人が眠りに着くと、夕方が過ぎました。かわいそうなことに、2人の所へは誰も来ません。2人が目を覚ますと、辺りは暗い夜に包まれていました。

    ヘンゼルは妹を慰め、「もうすこしだけ待とう。月が昇るまで。僕が落として来たパン屑が帰り道を教えてくれる。」 月が昇ったころ2人は起き上がりましたが、パン屑を見つけることができませんでした。なぜなら森や野の鳥たちがやって来てついばんでしまったのです。道はまだ見つかるかもしれないとヘンゼルは思いましたが、森の外へ出る道を見つけることはできませんでした。2人はそこに一晩中いました。それから明くる日も、朝から夕方まで。しかしそれでも帰り道は見つかりませんでした。採ってきたわずかなベリー以外になにも食べていなかったので、とても腹を空かせていました。もう這うこともできないほど疲れていました。2人は木の下に寝そべり眠りました。

    父親たちと家を出発してから、すでに3度目の朝を迎えました。どうにか家に帰ろうとしているのですが、ただ自分たちが森のうんと奥にいることがわかっただけでした。すぐに助けが来なければ飢えてしまいます。 正午を迎えるころ、木の枝に可愛らしい白い鳥が見えました。鳥は木の枝に止まって、なんとも美しい音色で歌うため、ヘンゼルとグレーテルは立ち止まって聴いていました。鳥は歌を終えると、翼を広げ2人の前方へふわりと飛んできました。2人が鳥について行くと、ある小さな家にたどり着きました。鳥はその家の屋根に止まり、さえずっています。近づいてみると、なんとその家はパンで、屋根はケーキで、そして窓は透明な砂糖で出来ていました。

    「食べちゃおうよ。」ヘンゼルが言いました。「美味しいごちそうにしよう。僕は屋根を食べるよ。グレーテルはあの甘い窓を食べちゃいな。」ヘンゼルは屋根に上り、味見のため一部にかじりつきました。グレーテルは窓のそばへ行き窓にかじりつきました。その時、家の中から、か細い声で2人を呼ぶ声が聞こえました。 「カリ、カリ、と、ネズミのように家をかじるのは誰だい?」

    2人は答えました。「気にしないで。風のしわざです。」

    ヘンゼルとグレーテルは止まることなく食べ続けました。ヘンゼルは、屋根がとっても美味しいとわかると屋根から大きな塊を取り、グレーテルは大きな円い窓ガラスを引き取り、座り込んでそれを食べ始めました。 その時ドアが開き、家の中から年老いた老婆が杖をついて出てきました。ヘンゼルとグレーテルは怖くなり、食べていた物を手から落としてしまいました。しかし老婆は、首を縦に振りながら、「おや、かわいい坊やたち。どうしてこんなところにいるんだい?中へお入り、怖いことなんか無いさ。」老婆はその手で1人ずつ家の中へ招きました。するとそこには、ミルクや、パンケーキ、それも砂糖つきで、リンゴ、ナッツなど、美味しそうな食事が用意されていました。そして2人に白いベッドまで見せてくれました。ヘンゼルとグレーテルはベッドに寝転がり、まるで天国のような気分でした。

    この老婆は、振る舞いこそ親切なのですが、じつは意地悪な魔女で、子どもを待ち伏せ、おびき寄せるためにわざとこの家を作ったのでした。ひとたび家に入ってしまったら、殺され、料理され、食べられてしまいます。それがこの魔女の楽しみなのでした。魔女は赤い目をしており、遠くの物はあまりよく見えませんが、獣のように嗅覚が鋭く、近くに人間がいるとすぐに分かります。ヘンゼルとグレーテルがやって来たとき、悪い笑みを浮かべ、しめしめと「食べたげよう。逃げられやしないさ。」と言ったのでした。

    早朝、ヘンゼルとグレーテルが目を覚ます前に魔女は起き、様子を見に行きました。見る限り、子どもたちはぐっすりと眠っていて、頬っぺたは真っ赤でまん丸い。魔女は呟きました。「なんて美味そうなごちそうなんだい!」そして、しわのある手でヘンゼルを掴み、小さな檻へ閉じ込めてしまいました。ヘンゼルは力の限り叫び、助けを呼びましたが、無駄でした。魔女はグレーテルの所へ戻ると、グレーテルを揺すりながら叫びました。

    「起きるんだ!ダラけやせっぽち!お水を汲んで、お前さんの兄に美味しい食事を作るんだ。こいつが檻の外に出るためには、もっと太らなきゃな。十分に太りきったら、あたしが食ってやるからねえ。」 グレーテルはひどく泣き出しましたが、どうにもならず、悪い魔女の言うことを聞くしかありませんでした。かわいそうなことに、ヘンゼルに太ってもらうために最高の食事が作られました。その間、グレーテルには蟹の殻しか与えられませんでした。 魔女は檻に毎朝来るたび、こう叫びました。「ヘンゼルや、指を伸ばして見せるんだ。もうすぐ太るかどうか分かるようにねえ。」

    しかしヘンゼルは、小さめの骨を差し出しました。魔女は目が悪く、はっきりと見えないため、それを指だと勘違いしました。ヘンゼルはまだ太っていないじゃないかと魔女は思いました。

    4週間が過ぎても、ヘンゼルは細いままでした。そのため魔女はもう我慢の限界、これ以上待つことはできませんでした。「そいじゃあ、グレーテル!」魔女は叫びました。

    「急いで水を汲んで来るんだ!ヘンゼルが太っていようと痩せていようと、明日殺して料理してやる。」水を汲むグレーテル、頬に伝う涙、どんなに悲しかったことでしょう。「どうか神様。お助けください。」グレーテルは泣きながら言いました。

    「たとえ森の獣に襲われたとしても、その方がせめて一緒に死ぬことができたのに。」 「あたしに哀歌を歌いな。」魔女は言いました。「哀歌なんぞ役に立たんだろうがな。」翌日の早朝、グレーテルは早く起き、火を焚いて、やかんをいっぱいにしました。

    「まずはパンから焼くとしよう。」魔女は言いました。「オーブンはとっくに温めておいたし、生地もこね終わっている。」魔女は、かわいそうなグレーテルをオーブンの方へ押しました。オーブンの外で炎はすでに明るく燃えています。 「馬鹿でうすのろだねえ。」魔女が言います。「オーブンの口は大きいんだから、見えるだろう?あたしでも入れるさ!」

    魔女はかがみ込んで頭をオーブンの中へ入れました。そのときグレーテルは魔女を押しました。魔女の体はオーブンの奥へと入り込んだため、グレーテルはオーブンの鉄の蓋を閉め、かんぬきをして閉じ込めました。とてつもなく恐ろしい悲鳴がオーブンの中から聞こえてきました。しかしグレーテルは逃げ、悪い魔女を焼き上げてしまいました。

    グレーテルはヘンゼルのもとへ行き、檻の鍵を開けて叫びました。「ヘンゼル兄さん!あたしたち自由よ!魔女は死んだわ!」檻が開いた途端、ヘンゼルはまるで鳥のように檻の中から飛び出しました。2人はなんと喜んだことでしょう。互いの首に抱き合って、踊って、キスをしました。この魔女の家で起きた恐怖はもうすべてなくなりました。部屋の四隅にあるチェストの中には、パールや宝石が入っていました。

    「これは白い小石よりもいいぞ。」ヘンゼルはポケットに入るだけ詰めて、グレーテルも何か持って帰ろうと思いエプロンの中に入れました。「さあ、帰ろう。」ヘンゼルが言いました。「この魔女の森から抜け出しすことさえできれば。」数時間歩いていると、とっても大きな水たまりが現れました。

    「僕たちじゃ渡れないや。」ヘンゼルが言いました。「階段もないし、橋もない。」

    「それにボートもないわ。」グレーテルが言いました。「でも白いアヒルがいるよ。頼めばきっと助けてくれるわ。」グレーテルは叫びました。

    「アヒルさん、アヒルさん。ここにいるヘンゼル兄さんとあたしグレーテルを、向こう岸までお願い。階段も橋もないの。あなたの綺麗で白い背中に乗せてちょうだい。」 するとアヒルはそれに答え、こちらへやって来ました。ヘンゼルはアヒルの背中に乗り、グレーテルも乗るように言いました。「待って!」グレーテルは言いました。「アヒルさんが辛いわよきっと。別々に行った方がいいわ。交代々代にね。」2人はそうして無事乗り切りました。ヘンゼルとグレーテルは、森が見えてくるまで楽しく進んで行きました。道はどんどん見覚えのある道になっていき、ついにお父さんのいる我が家が見えてきました。家まで一気に駆け寄り、ドアを叩きました。そしてお父さんの首元へ抱きつきました。

    父は子どもたちを森に置き去りにしてから、ずっと黙ったままでした。妻の継母は死んだしまったのです。 グレーテルは、パールや宝石の入ったエプロンを開け、部屋中に蒔きました。ヘンゼルも、片手でポケットの中から次々と宝石を取り出しました。

    不幸は全て終わり、3人はずっと幸せに暮らしました。お話はこれでおしまい。そこに鼠が走っていますよ。それを捕まえれば誰だって、それで毛皮の帽子が作れるかもしれません。

  • 更新日
  • 投稿日