旧約聖書:民数記

『旧約聖書:民数記』の解説

  • タイトル旧約聖書:民数記
  • 著作者モーセ
  • 書籍名旧約聖書:民数記
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『旧約聖書:民数記』の全文

    第7章

    7:1
    モーセが幕屋を建て終り、これに油を注いで聖別し、またそのすべての器、およびその祭壇と、そのすべての器に油を注いで、これを聖別した日に、

    7:2
    イスラエルのつかさたち、すなわち、その父祖の家の長たちは、ささげ物をした。彼らは各部族のつかさたちであって、その数えられた人々をつかさどる者どもであった。

    7:3
    彼らはその供え物を、主の前に携えてきたが、おおいのある車六両と雄牛十二頭であった。つかさふたりに車一両、ひとりに雄牛一頭である。彼らはこれを幕屋の前に引いてきた。

    7:4
    その時、主はモーセに言われた、

    7:5
    「あなたはこれを会見の幕屋の務に用いるために、彼らから受け取って、レビびとに、おのおのその務にしたがって、渡さなければならない」。

    7:6
    そこでモーセはその車と雄牛を受け取って、これをレビびとに渡した。

    7:7
    すなわち、ゲルションの子たちには、その務にしたがって、車二両と雄牛四頭を渡し、

    7:8
    メラリの子たちには、その務にしたがって車四両と雄牛八頭を渡し、祭司アロンの子イタマルに、これを監督させた。

    7:9
    しかし、コハテの子たちには、何をも渡さなかった。彼らの務は聖なる物を、肩にになって運ぶことであったからである。

    7:10
    つかさたちは、また祭壇に油を注ぐ日に、祭壇奉納の供え物を携えてきて、その供え物を祭壇の前にささげた。

    7:11
    主はモーセに言われた、「つかさたちは一日にひとりずつ、祭壇奉納の供え物をささげなければならない」。

    7:12

  • 投稿日