旧約聖書:民数記

『旧約聖書:民数記』の解説

  • タイトル旧約聖書:民数記
  • 著作者モーセ
  • 書籍名旧約聖書:民数記
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『旧約聖書:民数記』の全文

    第七日にはエフライムの子たちのつかさ、アミホデの子エリシャマ。

    7:49
    その供え物は銀のさら一つ、その重さは百三十シケル、銀の鉢一つ、これは七十シケル、共に聖所のシケルによる。この二つには素祭に使う油を混ぜた麦粉を満たしていた。

    7:50
    また十シケルの金の杯一つ、これには薫香を満たしていた。

    7:51
    また燔祭に使う若い雄牛一頭、雄羊一頭、一歳の雄の小羊一頭。

    7:52
    罪祭に使う雄やぎ一頭。

    7:53
    酬恩祭の犠牲に使う雄牛二頭、雄羊五頭、雄やぎ五頭、一歳の雄の小羊五頭であって、これはアミホデの子エリシャマの供え物であった。

    7:54

  • 投稿日