旧約聖書:出エジプト記

『旧約聖書:出エジプト記』の解説

  • タイトル旧約聖書:出エジプト記
  • 著作者モーセ
  • 書籍名旧約聖書:出エジプト記
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『旧約聖書:出エジプト記』の全文

    第25章

    25:1
    主はモーセに言われた、

    25:2
    「イスラエルの人々に告げて、わたしのためにささげ物を携えてこさせなさい。すべて、心から喜んでする者から、わたしにささげる物を受け取りなさい。

    25:3
    あなたがたが彼らから受け取るべきささげ物はこれである。すなわち金、銀、青銅、

    25:4
    青糸、紫糸、緋糸、亜麻の撚糸、やぎの毛糸、

    25:5
    あかね染の雄羊の皮、じゅごんの皮、アカシヤ材、

    25:6
    ともし油、注ぎ油と香ばしい薫香のための香料、

    25:7
    縞めのう、エポデと胸当にはめる宝石。

    25:8
    また、彼らにわたしのために聖所を造らせなさい。わたしが彼らのうちに住むためである。

    25:9
    すべてあなたに示す幕屋の型および、そのもろもろの器の型に従って、これを造らなければならない。

    25:10
    彼らはアカシヤ材で箱を造らなければならない。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半、高さは一キュビト半。

    25:11
    あなたは純金でこれをおおわなければならない。すなわち内外ともにこれをおおい、その上の周囲に金の飾り縁を造らなければならない。

    25:12
    また金の環四つを鋳て、その四すみに取り付けなければならない。すなわち二つの環をこちら側に、二つの環をあちら側に付けなければならない。

    25:13
    またアカシヤ材のさおを造り、金でこれをおおわなければならない。

    25:14
    そしてそのさおを箱の側面の環に通し、それで箱をかつがなければならない。

    25:15
    さおは箱の環に差して置き、それを抜き放してはならない。

    25:16
    そしてその箱に、わたしがあなたに与えるあかしの板を納めなければならない。

    25:17
    また純金の贖罪所を造らなければならない。長さは二キュビト半、幅は一キュビト半。

    25:18
    また二つの金のケルビムを造らなければならない。これを打物造りとし、贖罪所の両端に置かなければならない。

    25:19
    一つのケルブをこの端に、一つのケルブをかの端に造り、ケルビムを贖罪所の一部としてその両端に造らなければならない。

    25:20
    ケルビムは翼を高く伸べ、その翼をもって贖罪所をおおい、顔は互にむかい合い、ケルビムの顔は贖罪所にむかわなければならない。

    25:21
    あなたは贖罪所を箱の上に置き、箱の中にはわたしが授けるあかしの板を納めなければならない。

    25:22
    その所でわたしはあなたに会い、贖罪所の上から、あかしの箱の上にある二つのケルビムの間から、イスラエルの人々のために、わたしが命じようとするもろもろの事を、あなたに語るであろう。

    25:23
    あなたはまたアカシヤ材の机を造らなければならない。長さは二キュビト、幅は一キュビト、高さは一キュビト半。

    25:24
    純金でこれをおおい、周囲に金の飾り縁を造り、

    25:25
    またその周囲に手幅の棧を造り、その棧の周囲に金の飾り縁を造らなければならない。

    25:26
    また、そのために金の環四つを造り、その四つの足のすみ四か所にその環を取り付けなければならない。

    25:27
    環は棧のわきに付けて、机をかつぐさおを入れる所としなければならない。

    25:28
    またアカシヤ材のさおを造り、金でこれをおおい、それをもって、机をかつがなければならない。

    25:29
    また、その皿、乳香を盛る杯および灌祭を注ぐための瓶と鉢を造り、これらは純金で造らなければならない。

    25:30
    そして机の上には供えのパンを置いて、常にわたしの前にあるようにしなければならない。

    25:31
    また純金の燭台を造らなければならない。燭台は打物造りとし、その台、幹、萼、節、花を一つに連ならせなければならない。

    25:32
    また六つの枝をそのわきから出させ、燭台の三つの枝をこの側から、燭台の三つの枝をかの側から出させなければならない。

    25:33
    あめんどうの花の形をした三つの萼が、それぞれ節と花をもって一つの枝にあり、また、あめんどうの花の形をした三つの萼が、それぞれ節と花をもってほかの枝にあるようにし、燭台から出る六つの枝を、みなそのようにしなければならない。

    25:34
    また、燭台の幹には、あめんどうの花の形をした四つの萼を付け、その萼にはそれぞれ節と花をもたせなさい。

    25:35
    すなわち二つの枝の下に一つの節を取り付け、次の二つの枝の下に一つの節を取り付け、更に次の二つの枝の下に一つの節を取り付け、燭台の幹から出る六つの枝に、みなそのようにしなければならない。

    25:36
    それらの節と枝を一つに連ね、ことごとく純金の打物造りにしなければならない。

    25:37
    また、それのともしび皿を七つ造り、そのともしび皿に火をともして、その前方を照させなければならない。

    25:38
    その芯切りばさみと、芯取り皿は純金で造らなければならない。

    25:39
    すなわち純金一タラントで燭台と、これらのもろもろの器とが造られなければならない。

    25:40
    そしてあなたが山で示された型に従い、注意してこれを造らなければならない。

  • 投稿日