勇敢なスズの兵隊

『勇敢なスズの兵隊』の全文

あるところにスズのさじから作られた25体の兵隊の人形たちがいました。

彼らは皆肩から武器を下げて、視線をまっすぐに向けて、赤や青の色とりどりの衣装に身を包んでいました。兵隊たちが生まれて初めて聞いた言葉は、彼らが入った箱を開けるやいなや喝采とともに発せられた「うわあ、スズの兵隊さんだ!」という男の子の喜びに満ちた叫びでした。

これらの人形は彼に誕生日のプレゼントとして贈られて、男の子は兵隊たちをテーブルの上に並べました。兵隊たちは皆同じような作りでしたが、そのうちの一体だけ脚が一本しかない兵隊がいました。彼は最後に作られた一体なのですが、彼を作り上げるだけのスズの量が十分に足りなかったために脚を一本しかつけてもらえませんでした。このため彼は兵隊たちの中でも特に目立っていました。

兵隊たちが並べられていたテーブルには他にも様々なおもちゃが置かれていました。その中でも一際目を引いていたのは、可愛らしい小さな紙のお城でした。その小さな窓からは、いくつかの部屋が覗いて見えました。お城の手前ではたくさんの小さな木々が、透き通った湖に見立てて置かれた小さな鏡を取り囲んでいました。その上には蝋で作られた白鳥が泳いでおり、鏡にその姿を映していました。

これらの可愛らしい置物の中でも一番素敵だったのが、お城の開かれたドアの前で立っている紙で作られた女性でした。

彼女は透き通るような綿モスリンの衣装を身に着けて、細い青いリボンのスカーフを首につけていました。彼女の目の前には、彼女の顔と同じくらいの大きさのティンセルのバラが付いていました。この小さな女性は踊り子さんでした。彼女は両腕を広げて片足を高く上げていましたので、彼女の姿をはっきりと見ることのできなかった片足のスズの兵隊は、彼女も自分と同じように足が一本しかないのだと思い込みました。そして彼女こそ自分のお嫁さんに相応しいと兵隊は考えました。

「けれども彼女は立派で、お城で暮らしているような人だ。それに比べて僕のところでは25人が一緒に同じ箱の中に住んでいる。彼女が入れるところなんてきっとないだろう。それでもどうにかお近づきになりたいなあ」

彼はテーブルの向こう側の嗅ぎタバコ入れの箱の後ろにまで何とかたどりついて、バランスを失わずに足を高く上げ続けているあの儚げな女性を何とか覗き見ようとしました。

夜が来たので、家の人は寝る前にスズの人形たちを箱の中に片付けていきました。しばらくすると、おもちゃたちはそれぞれ自分の遊びを始めました。あるものは他の誰かのところに遊びに行き、あるものは戦いの練習をして、またあるものは舞踏会を開いていました。スズの兵隊たちも同じように外で遊びたかったのですが、ふたを開けることができなかったので箱の中でガタガタと音をたてることしかできませんでした。

くるみ割り人形は馬跳びをして、鉛筆もテーブルを跳ね回っていました。騒ぎ声で目を覚ましたカナリアも誰かに話しかけてみたり、あるいは詩を詠ったりました。一方で片足のスズの兵隊と、踊り子の女性は昼からずっと同じ場所にいました。彼女もまた、片足で立っている彼のようにじっと、軸足をピンと伸ばしてつま先で立ったままでした。兵隊は一時も彼女から目を離しませんでした。12時の鐘が鳴ると、嗅ぎタバコ入れの蓋が飛び上がって何かが飛び出してきました。それはタバコではなく小さいゴブリンでした。その入れ物もまたおもちゃ箱だったようです。

「スズの兵隊さんよお」とゴブリンは言いました。

「自分の身の丈に合わないものは望まない方が身のためだぜ」

片足のスズの兵隊は聞こえないふりをしました。「まあいいさ。明日を楽しみにしていることだな」

翌朝になると子どもたちが部屋にやってきて、片足のスズの兵隊を窓のところに置きました。するとゴブリンの仕業かそれともすきま風のいたずらか、窓が開いて兵隊は頭から真っ逆さまに、三階の建物から道路の上へ落ちてしまいました。頭から落ちてしまいましたので、一本足が宙に浮いてさらに彼のヘルメットと銃剣が敷石の間に挟まってしまうというひどい有り様でした。侍女と男の子はそれを見ると、すぐに彼を探しに下の階へと降りていきましたが彼の姿はどこにも見当たりませんでした。

実は一度だけ彼を踏みそうになるくらいにまで二人は近づいていました。もしそのとき彼が「僕はここにいます!」と叫びさえすればそれで万事解決となったかもしれませんが、自分は軍服をまとっている身なのだという誇りから彼にそのような行動はできませんでした。

間もなく雨が降り出して、雨粒が次々に落ちてきてついに豪雨になりました。雨が止むと二人の少年が兵隊のそばを通りかかりました。そのうちの一人が「見ろよ、あそこにスズの兵隊がいるぞ。彼には航海のための船が必要だろうよ」と言いました。

彼らは新聞で船をこしらえるとその上にスズの兵隊を乗せて、水路の上に浮かべて進ませました。少年たちは手を叩いてはしゃぎながら、船に並んで走りだしました。なんとまあ、ただの小さな水路にしては大きな波ですこと! 

昨日の強い雨のおかげで流れもぐいぐいと速くなっていきます。紙の船は上下に揺れ動いて、時にはくるくると回転したのでスズの兵隊も船の動きに合わせて揺れていました。けれども彼はじっとしたまま変わらず平静を保っており、あの部屋にいたときと同じように肩から銃剣を下げて、視線をまっすぐに向けていました。突然船は排水溝を成している橋の下へとたどり着きました。そこはスズの兵隊が入っていた箱のように暗いところでした。

「いったい僕はどこへ向かっているのだろう」と彼は思いました。「これもすべてあのゴブリンの仕業だな。間違いない。ああ、この船であの方とご一緒することさえできれば、どんな暗闇であろうと何も問題はないのだけれど」

そこに突如排水溝に住むドブネズミが現れました。「パスポートはお持ちですか?」とネズミは尋ねました。

「すぐに出してください」とさらにネズミは言いましたが、兵隊は口を開かないまま、今までにないほどぎゅっと強く銃剣を握りしめました。船も変わらず進み続けたので、ネズミはそれを追いかけようとしました。

「止めろ! そいつを止めるんだ! 彼は通行料を払っていないし、パスポートも見せていないぞ」と歯ぎしりをしながら叫びました。

しかしながら水の流れはますます速くなります。橋が終わるところにまで近づくと、日の光が差しているのが見えました。すると今度は勇敢な男でも怯むような音が轟きました。排水溝のトンネルの終わりはより大きな水路につながっていて、急な崖になっていました。

それは彼にとって私たちで言うところの滝そのものであり、大変危険な状況でした。船を止めようとするにももはや手遅れで、それは勢いよく突っ込もうとしていました。スズの兵隊は自分がこの状況を恐れていないことを証明するために、瞼を動かさず体をぐっと堅くしていました。船は3、4回ぐるぐると回転して、完全に浸水してしまい、沈没は防ぐことができませんでした。

水はもう兵隊の首の高さにまであがってきて、船はどんどん沈んで紙も柔らかくふやけてしまい、とうとう頭まで水に飲み込まれてしまいました。彼は二度と会えないであろう、あの可憐で小さな踊り子のことを思い出しました。そしてどこらからともなく次のような歌が聞こえてきました。

――進め、進め、兵隊さん! 死をも恐れず一直線!――

紙の船は粉々になって、兵隊も水の中へと沈んでいきました。

兵隊はすぐそのあとに大きな魚に丸呑みにされてしまいました。魚のお腹の中の本当に暗いこと! トンネルよりもずっと暗くて狭いところでしたが、それでもスズの兵隊は銃剣を手にしてじっとしたままでした。魚はあちらこちらへとても優雅に泳いでいましたが、ついにぱったりと動かなくなりました。

しばらくすると彼のお腹が裂けて、光が差し込みました。光は兵隊のところへみるみる近づいてきて、「こんなところにあのスズの兵隊がいるわ!」という叫び声が聞こえました。

魚は捕まえられて市場に運ばれ、食用として売られるとそのまま大きなナイフでさばかれていたのでした。彼女は兵隊を取り出して、親指と人差し指でつまみながら彼をある部屋に持っていきました。人々は魚の中で旅をしたこの兵隊を目にして大層驚いていましたが、彼はちっとも誇らしくなどありませんでした。

兵隊はテーブルの上に置かれました。さらに偶然なことに、その部屋は彼が窓から落ちたまさにあの同じ部屋で、同じ子どもたちがいて、同じおもちゃ、そして紙のお城が置かれた同じテーブルがありました。

お城のドアには片足でバランスを取り、もう片方を高く上げたままの小さな踊り子が、スズの兵隊と同じようにぴんと立っていました。感極まった兵隊はあやうく涙を流しそうになりましたがぐっとこらえました。ただ彼女を見つめて、二人は何も言わずにそこに立っていました。

すると、ふいに子どもたちのうちの一人が片足のスズの兵隊を暖炉の中に投げ込みました。なぜ彼がそのようなことをしたのか特に理由もありませんでした。もしかするとあの嗅ぎタバコ入れに住んでいたゴブリンの仕業かもしれません。

兵隊から火が上がり、相変わらず彼はじっとしていましたが、それでも炎はますます激しくなる一方でした。その火が本物の火だったのか、あるいは愛の炎だったのかは彼には分かりませんでした。彼は制服から色が褪せていることに気づきましたが、それもこれまでの旅で色が落ちてしまったのか、それとも兵隊の悲しみの涙のためだったのかはやはり誰にも分かりませんでした。

彼が踊り子を見やると、彼女も兵隊を見つめていました。兵隊は自分が溶けていくことを感じながらも、銃剣を肩から下げてしっかりと持ったままでした。

さらに突然、空いたドアから強い風が部屋の中に吹き込んで、その風は小さな踊り子をとらえました。彼女は風の妖精のように羽ばたいたかと思うと、そのまま炎の中のスズの兵隊の隣に降り立ちました。その姿はあっという間に火に包まれると、すぐに消えてなくなりました。スズの兵隊も溶けて小さな塊になってしまいました。

翌朝侍女がストーブの灰を取り出していると、灰の中に小さなスズの心臓を見つけました。そして踊り子が燃えた跡には、ティンセルのバラだけが黒い消し炭となって残されていました。

『勇敢なスズの兵隊』の解説

  • タイトル勇敢なスズの兵隊
  • 書籍名勇敢なスズの兵隊
  • 著作者ハンス・クリスチャン・アンデルセン
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日