旧約聖書:創世記

『旧約聖書:創世記』の解説

  • タイトル旧約聖書:創世記
  • 著作者モーセ
  • 書籍名旧約聖書:創世記
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『旧約聖書:創世記』の全文

    第7章

    7:1
    主はノアに言われた、「あなたと家族とはみな箱舟にはいりなさい。あなたがこの時代の人々の中で、わたしの前に正しい人であるとわたしは認めたからである。
    7:2
    あなたはすべての清い獣の中から雄と雌とを七つずつ取り、清くない獣の中から雄と雌とを二つずつ取り、
    7:3
    また空の鳥の中から雄と雌とを七つずつ取って、その種類が全地のおもてに生き残るようにしなさい。
    7:4
    七日の後、わたしは四十日四十夜、地に雨を降らせて、わたしの造ったすべての生き物を、地のおもてからぬぐい去ります」。
    7:5
    ノアはすべて主が命じられたようにした。
    7:6
    さて洪水が地に起った時、ノアは六百歳であった。
    7:7
    ノアは子らと、妻と、子らの妻たちと共に洪水を避けて箱舟にはいった。
    7:8
    また清い獣と、清くない獣と、鳥と、地に這うすべてのものとの、
    7:9
    雄と雌とが、二つずつノアのもとにきて、神がノアに命じられたように箱舟にはいった。
    7:10
    こうして七日の後、洪水が地に起った。
    7:11
    それはノアの六百歳の二月十七日であって、その日に大いなる淵の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、
    7:12
    雨は四十日四十夜、地に降り注いだ。
    7:13
    その同じ日に、ノアと、ノアの子セム、ハム、ヤペテと、ノアの妻と、その子らの三人の妻とは共に箱舟にはいった。
    7:14
    またすべての種類の獣も、すべての種類の家畜も、地のすべての種類の這うものも、すべての種類の鳥も、すべての翼あるものも、皆はいった。
    7:15
    すなわち命の息のあるすべての肉なるものが、二つずつノアのもとにきて、箱舟にはいった。
    7:16
    そのはいったものは、すべて肉なるものの雄と雌とであって、神が彼に命じられたようにはいった。そこで主は彼のうしろの戸を閉ざされた。
    7:17
    洪水は四十日のあいだ地上にあった。水が増して箱舟を浮べたので、箱舟は地から高く上がった。
    7:18
    また水がみなぎり、地に増したので、箱舟は水のおもてに漂った。
    7:19
    水はまた、ますます地にみなぎり、天の下の高い山々は皆おおわれた。
    7:20
    水はその上、さらに十五キュビトみなぎって、山々は全くおおわれた。
    7:21
    地の上に動くすべて肉なるものは、鳥も家畜も獣も、地に群がるすべての這うものも、すべての人もみな滅びた。
    7:22
    すなわち鼻に命の息のあるすべてのもの、陸にいたすべてのものは死んだ。
    7:23
    地のおもてにいたすべての生き物は、人も家畜も、這うものも、空の鳥もみな地からぬぐい去られて、ただノアと、彼と共に箱舟にいたものだけが残った。
    7:24
    水は百五十日のあいだ地上にみなぎった。

  • 投稿日