農夫と豚

『農夫と豚』の解説

  • タイトル農夫と豚
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名農夫と豚
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『農夫と豚』の全文

    一匹の豚が農夫の農作物を台無しにし、彼の肥沃な畑を踏みにじったので、農夫はその豚を捕まえ片方の耳を切り落としました。農夫は今後、豚が切り落とされた片耳によって自分に起こった事を思い出しては敬意を払って農作物を扱うだろうと期待しましたが、それにも関わらず豚は地面に溝を掘って再び捕えられ、その全く忠誠心のない動物は唯一残ったもう片方の耳を奪われました。しかし豚は離されるや否や、またその不格好な頭を農夫の作物に突っ込みました。

    それらの度重なる行為によってその豚は危険と見なされ、農夫は豚を捕まえ、主人の豪華な食卓に載せるように割り当てました。農夫は夕食時に豚の体の色々な部分をスライスして提供しましたが、それらを食べ終わった時、主人は豚の脳みそはどうしたのかと尋ねました。

    実は欲深い料理人が豚の脳みそを盗んでしまっていたのですが、農夫は愚かな豚には最初から脳みそが全く無かったのだと言って主人の当然の怒りを和らげました。

    「なぜ豚は自分の命と手足を危険にさらし続けるのでしょうか?」農夫は言いました。「そして何度も何度も同じ相手に捕まえられるのでしょうか?」

    この教訓的な物語は、多くのリスクを冒す人々や、いたずらばかりする人たちに対する警告です。

  • 投稿日