プロメーテウスと真実

『プロメーテウスと真実』の全文

ある日、人類を創造した陶芸家のプロメーテウスは、人間の行動を律するためにあらゆる技術を使って、「真実」の像を彫刻することに決めました。

プロメーテウスが作業していると、強大なユピテルから突然呼び出されました。

プロメーテウスは仕事場を悪賢いトリッケリーに任せることにしました(トリッケリーは最近プロメーテウスの弟子になったばかりでした。)熱意に燃えたトリッケリーは自由な時間を使って、「真実」の大きさや外見の特徴を巧みな指使いで形成しました。トリッケリーがその本当に素晴らしい作品を作り終えようとしたとき、足の部分に使う粘土が足りなくなってしまいました。

プロメーテウスが戻ったので、トリッケリーは恐怖で震えながらも素早く自分の席に座りました。

プロメーテウスは2つの像がよく似ていることに驚き、手柄のすべてを自分のものにしたいと思いました。なのでプロメーテウスは2つの像を窯に入れ、完全に焼かれると両方に命を吹き込みました。神聖な「真実」はゆっくり歩調を整えて歩きましたが、未完成の方は歩けずに立ちすくみました。

なのでその誤魔化された偽造には「偽り」という名前が付けられました。そして私はその像に足がないという人々に躊躇なく賛同します。つまり時々何かの偽りは首尾よく始まりますが、きっと時間が真実を明らかにします。

『プロメーテウスと真実』の解説

  • タイトルプロメーテウスと真実
  • 書籍名プロメーテウスと真実
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日