トビとハクチョウ

『トビとハクチョウ』の全文

トビとハクチョウの物語は、私たちにとって相応しくないことを真似してはいけないと説いています。

原来自然はトビにハクチョウと等しい声を与えました。

しかしトビは馬のいななきを聞くと魅了され、その音を真似しようとしました。

研究しているうちにトビは、自分たちの持っていた声を失ってしまいました。つまりは、いななき方を習得せずに歌い方を忘れてしまったのです。

何か相応しくないことを真似すると、始めに持っていたものを失うことがあります。

『トビとハクチョウ』の解説

  • タイトルトビとハクチョウ
  • 書籍名トビとハクチョウ
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日