ツバメとサヨナキドリ

『ツバメとサヨナキドリ』の解説

注:この寓話は有名なプロクネとフィロメラの物語が基になっています(213番とその注釈を参照してください。) ツバメがなぜ人間の家に住むことを決めたのかについては487番を参照してください。

  • タイトルツバメとサヨナキドリ
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名ツバメとサヨナキドリ
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『ツバメとサヨナキドリ』の全文

    ツバメはサヨナキドリに一度、なぜツバメと一緒に住みたくないのかと尋ねました。

    サヨナキドリはすすり泣き言いました。「いいえ、あなたと一緒に住むことを出来ません。それはわたしの先祖が受けた深い悲しみを思い出させます。なのでわたしは原野に住んでいるのです。」

    この寓話では、人々は自らの不幸を嘆くとき、その深い悲しみに見舞われた場所を避けるということを示しています。

  • 更新日
  • 投稿日