デルフォイの民と祖先

『デルフォイの民と祖先』の解説

注:(『イソップ伝』にも詳細が書かれているように)このような会話がデルフォイの民を刺激し、アイソーポスの死刑を取り決めました。

  • タイトルデルフォイの民と祖先
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名デルフォイの民と祖先
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『デルフォイの民と祖先』の全文

    デルフォイの人々は、「私たちの祖先は誰ですか?」とアイソーポスに聞きました。

    アイソーポスは言いました。「あなたたちの奴隷が祖先です。もしこの話しを知らないでいるなら、もう学んでもいい頃でしょう!

    昔ギリシア人は都市を占領したときはいつでも、アポローンに戦利品の10分の1を送るのが慣習でした。なので祖先は100頭ごとに10頭の雄牛、同様にヤギや、金、女、男などその他の物を送りました。

    だからあなたたちはそれらの男や女の子孫で、束縛された奴隷のように自由が奪われているのです。それがあなたたちの生まれで、従ってギリシア人皆の奴隷となったのです。」

  • 更新日
  • 投稿日