オルペウスと犬

『オルペウスと犬』の解説

注:オルペウスはギリシア神話の楽師でした。

  • タイトルオルペウスと犬
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名オルペウスと犬
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『オルペウスと犬』の全文

    オルペウスの友人であった動物たちは、オルペウスの音楽を楽しみ称賛しましたが、決して真似することはありませんでした。

    しかし恥知らずで二流の犬たち数匹は、自分たちの音楽を作り始めました。犬たちはすぐに独学で練習しに出かけ、人間の姿に変身しながら音楽的な研究を続けました。

    これがリラ奏者の起源で、今日でさえ犬たちは生まれもった本質を完全に克服することは出来ません。その結果、犬たちはオルペウスの教えをほんの少ししか守らないので、大部分が独自に発達して犬の音楽になりました。

  • 更新日
  • 投稿日