男と英雄

『男と英雄』の解説

注:古代ギリシアでは、死んだ英雄の精神は信仰的な儀式の対象でした。(『国家』427bで著者プラトンは、神の崇拝を神、守護神、英雄の3つの順に分けました。)

  • タイトル男と英雄
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名男と英雄
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『男と英雄』の全文

    ある男は家に英雄を神と祀り高価なお供え物を捧げていました。

    彼は常時お金を使いお供え物に大金を費やしていたので、ある晩その神が彼のもとにやって来て言いました。「いいかい、あなたの金を浪費するのはお止めなさい。つまりもしあなたがすべてを使い果たし貧しくになったら、きっと私を責めるでしょう!」

    同様に、人々は自分の愚かさから不幸に苦しむとき、よく神々を非難します。

  • 投稿日