運命の女神と井戸のそばの男

『運命の女神と井戸のそばの男』の解説

注:ギリシアの女神の名「テユケー」は「運」や「運命」を意味します。

  • タイトル運命の女神と井戸のそばの男
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名運命の女神と井戸のそばの男
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『運命の女神と井戸のそばの男』の全文

    労働者はある晩、うかつにも井戸の隣で眠ってしまいました。

    その男は寝ている間、運命の女神テユケ―が彼のそばに立ち、彼女の声を聞いたような気がしました。

    「ねえ、あたな」と女神は言いました。「あなたは起きた方がよろしい。もしあなたが井戸に落ちたら、汚名をきせられて人々に責められるのはこの私です。大概人々は、本当に彼ら自身にのみ責任がある不幸な出来事や転落の場合も含め、起こりうる全てのことを私のせいにします。」

  • 投稿日