ロバと馬

『ロバと馬』の全文

自分の素敵な馬具を誇りに思っていた馬は、ロバに出会いしました。 ロバは仕事で疲れていて、ゆっくりと歩いていて、近づいている馬の道を塞ぎました。 「僕の蹄で、お前を粉々に蹴散らしたいよ。」と馬は言いました。 ロバは何も言わずにうめき声をあげ、神の公正な裁決が下されることを只々祈りました。 その後、馬はレーストラックで自分の人生に挫折し、農場での仕事に送られました。 ロバはその馬が肥料を積んでいるのを見て、笑って言いました。「かつてあなたの自慢だった素敵な馬具はどうなったんだい? それにしても、君が前に馬鹿にしていた不幸へと時間がおとしめたんだよ。」

成功した人々が、他人を見下す傾向があるときは、将来に何がもたらされるかを誰も知らないという事実に気をつけてるべきです。

『ロバと馬』の解説

  • タイトルロバと馬
  • 書籍名ロバと馬
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日