メイドと雄鶏

『メイドと雄鶏』の解説

  • タイトルメイドと雄鶏
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 書籍名メイドと雄鶏
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『メイドと雄鶏』の全文

    働き者の未亡人の女性には、まだ暗いうちから、雄鶏の鳴き声で仕事をしてくれるメイドの召使いたちがいました。 メイドは、終わりのない仕事を負担に思っていたので、メイドたちは、この家にいる雄鶏を殺すのは良い考えだと決めました。しかし、雄鶏を殺した後、メイドたちの絶望的な状況はさらに悪くなりました。今では、鶏が時間を伝えることができなくなったので、未亡人は以前よりも早くメイドたちをたたき起こしました。

    このお話しは、人々がしばしば自分自身の不利になることになってしまう様なことをしてしまう、というものです。

  • 投稿日