年老いたライオンとロバ

『年老いたライオンとロバ』の全文

人々が前と同じ様々な敬意を払わなくなったとき、その人の惨めな状態は、彼を最も軽蔑的な、ろくでなしとして、嘲笑にさらされるのです。

年老いたことで衰弱し、元の力を失ったライオンは、最後の息をしようと、地面に体を伸ばしていました。すると、雄ブタが近づき、激怒して口から泡を飛ばしました。彼のぎらぎらする牙で、雄ブタはライオンを突き刺し、傷つけました。次に、雄牛がやって来ました。雄豚と同じように、血相を変え、雄牛はとがった角でライオンを刺しました。 獰猛な獣が、刑罰を受けて攻撃されているのをロバが見たとき、彼は自分の蹄で、ライオンの頭を打ちました。ライオンは最後の息を吐き、「私は、勇敢な生き物たちに攻撃されるほど嫌われたが、お前たちも同じように苦しむようにしてやるぞ。お前たちは自然界の恥だ!私は2度死ぬようなものだ。」

『年老いたライオンとロバ』の解説

  • タイトル年老いたライオンとロバ
  • 書籍名年老いたライオンとロバ
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日