猟師たちと石

『猟師たちと石』の全文

漁師たちは網の中のものを引きずっていました。それはかなり重かったので、漁師たちは、自分たちが非常に大きな獲物を捕らえたと考えて、喜んで踊りました。しかし、ようやく網を開けたとき、彼らは網には非常に大きな石とともにいくつかの魚しか入っていないことに気付きました。漁師たちは魚が少なかったからではなく、彼らがちょうど正反対のことを期待していたので、非常に悲観的になりました。 経験豊かな老人である漁師の一人は、「あまりにがっかりするなよ、友たちよ! 悲しみが喜びの妹のように見えることを考えれば、始めはとても喜んでいたから、苦しみを我慢しなければいけないんだ。」

このお話しは、人生には偶然があることを知っているので、運命の逆転に耐えなければならない、ということです。

『猟師たちと石』の解説

  • タイトル猟師たちと石
  • 書籍名猟師たちと石
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日