馬と粉引き屋

『馬と粉引き屋』の全文

馬についての物語ですが、人間の状態についても考えるように私たちに勧めています。

馬は老齢に苦しんでいたので、戦闘で奉仕する代わりに、石を回すために水車小屋に送られました。毎日の粉引きを言い渡され、戦いの栄光を否定され、馬は彼の過去の栄光を思い出し、自分の現在の暮らしについて泣きました。 「ああ、なんてことだ!」 馬は叫んだ。 「私が戦場に向かうとき、私は鎧で全身を装飾され、私には世話をする人がいたんだ。 今はどうだ、私は今、戦闘の代わりに、どうしてこの粉引きをするようになってしまったのか分からないよ。」 粉引き屋は馬に言いました。「お前は静かにできないのかい? 私はお前の過去に対して、十分な感動を持っているよ。運は人の生活をより良いものにしたり、悪いものにしたりするんだよ。」

『馬と粉引き屋』の解説

  • タイトル馬と粉引き屋
  • 書籍名馬と粉引き屋
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日