ブタとロバと大麦

『ブタとロバと大麦』の全文

神が危険から救うことに同意した時、ヘラクレスに敬意を表し、ブタを生贄にすると誓った男がいました。 その男が誓いを守って、ブタを犠牲にしたとき、彼は豚の食べ残した大麦をロバに食べるように命じました。しかし、ロバはそれに触れることを拒みました。「こういうものは私の食欲をそそる食べ物ではありません。」とロバは言いました。「ブタが喉を切られたからではありません。」

このお話は、私に注意を喚起し、それ以来、私は危険なビジネスベンチャーを避けてきました。しかし、「富をつかむ人は、それをきちんと保つ」と言われていますが、 彼らのどれだけが、最終的に捕らえられ殺されたのかを覚えておいてください! 明らかに、処罰されたのは、多くの人々なのです。 わずかな人々は、無謀な行動から利益を得るかもしれないですが、それ以上に多くの人々がそれによって滅ぼされます。

『ブタとロバと大麦』の解説

  • タイトルブタとロバと大麦
  • 書籍名ブタとロバと大麦
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日