サルたちとピリックダンス

『サルたちとピリックダンス』の全文

人々は、エジプトの王が、何匹かのサルたちにピリックダンスの踊り方を教えたと言います。 猿は、人間の行動をたやすく真似をする生き物なので、すぐに踊り方を学び、紫色の衣装やマスクで踊りました。 しばらくの間、みんなはその光景に感銘を受けていましたが、観客の中で、より眼識のある人が、彼のポケットに入った木の実をダンサーたちの真ん中に投げいれました。 サルたちは木の実を見たとき、彼らはすべてのパフォーマンスを忘れてしまいました。 ダンスの代わりに、彼らは再びサルのように行動し始めました。 彼らは自分の仮面を壊し、自分の衣装を裂き、木の実の為に互いに戦ったのです。踊りの様子はすっかり混乱してしまいましたが、聴衆をもっと楽しませました。

『サルたちとピリックダンス』の解説

  • タイトルサルたちとピリックダンス
  • 書籍名サルたちとピリックダンス
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日