アフロディーテとイタチ

『アフロディーテとイタチ』の全文

あるとき、イタチはハンサムな若者と恋に落ち、愛の女神であるアフロディーテに祝福され、希望どおり、イタチの姿から変えてもらい、誰もが喜んで妻として迎え入れたいと思うような若い女性の姿となりました。若者は、彼女を見るとすぐに恋に落ち、彼女と結婚したいと思いました。 結婚式の饗宴が進行中である時に、ネズミが走ったのです。 花嫁は美しく装飾されたソファーから飛び出し、ネズミの後ろを走り始め、結婚式を終わらせてしまいました。

エロスは小さく冗談を言った後、休みを取りました。

自然は愛よりも強かったのです。

『アフロディーテとイタチ』の解説

  • タイトルアフロディーテとイタチ
  • 書籍名アフロディーテとイタチ
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 投稿日