漁師と魚

『漁師と魚』の全文

漁師がつい先ほど放った網を引き上げると、運の良いことに多くの魚や海の生き物でいっぱいになっていました。小さな魚たちは網の底に向かって泳ぎ、網目から脱出することができました。しかし大きな魚たちは捕まえられてしまい、何もできずに船の上で横たわっていました。

小さく目立たないようにすることは安全を確保したり問題を避けることにつながります。一方で名声高い人というのは中々危険やトラブルを避けられないというものです。

『漁師と魚』の解説

  • タイトル漁師と魚
  • 書籍名漁師と魚
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日