キツネとブドウ

『キツネとブドウ』の全文

お腹がペコペコにすいているキツネがいました。ブドウを取ろうとしましたが、木の高いところになっています。力の限りにジャンプをしましたが、どうやってもブドウまでは届きません。

仕方なく立ち去る時につぶやきました。「きっと、まだ熟してないんだ。酸っぱいブドウはいらないよ」

手に入れられないことを軽蔑して話す人は、この小さな教訓を人生にうまく取り入れてください。

『キツネとブドウ』の解説

注:ネズミも登場する別のバージョンは、、次の寓話256番を見てください。

  • タイトルキツネとブドウ
  • 書籍名キツネとブドウ
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日