キツネと檻(オリ)の中のライオン

『キツネと檻(オリ)の中のライオン』の全文

キツネが檻に入れられているライオンを見かけたので、近付いていってひどい言葉で侮辱しました。

するとライオンは言いました。「この屈辱は、君のせいではない。この不幸な状況のせいだ」

この寓話は、運命が逆転してしまった権力者は、ただのろくでなしから自尊心を傷つけられることがあるということを示しています。

『キツネと檻(オリ)の中のライオン』の解説

注:年老いたライオンが恥をかく話は、 寓話の422番を見てください。

  • タイトルキツネと檻(オリ)の中のライオン
  • 書籍名キツネと檻(オリ)の中のライオン
  • 著作者イソップ(アイソーポス)
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 更新日
  • 投稿日