金の髪の毛3本の悪魔

『金の髪の毛3本の悪魔』の解説

  • タイトル金の髪の毛3本の悪魔
  • 著作者グリム兄弟
  • 書籍名金の髪の毛3本の悪魔
  • 制作年?
  • 製作国不明
  • 言語不明
  • 著作権状態パブリック・ドメイン
  • 『金の髪の毛3本の悪魔』の全文

    むかしむかし、あるところに男の子を産んだ貧しい女の人がいました。男の子は羊膜を付けて生まれてきたので、14歳になったら王女と結婚するだろうと予言されました。しばらくして、王様が村を訪れ、何か新しいことはあるかと尋ねました。村人たちは誰も王様だと知らなかったので、「羊膜をつけた子が生まれました。この子は幸運の持ち主ですよ。14歳になったら王女様と結婚するだろうと言われてますから」と答えました。

    王様は邪悪な心の持ち主だったので、その予言に怒りました。そして、その子どもの両親の家に行き、とても愛想良く「貧しいお方よ、息子さんを私にくれないかね。面倒を見ますよ」と言いました。両親は、最初は断りましたが、その見知らぬ人はたくさんの金をくれると言うので、「この子は幸運の持ち主。その方がこの子にとってすべてうまくいくにちがいない」と考え、とうとう承諾し、子どもあげてしまいました。

    王様は子どもを箱に入れ、深い川のところまで来ると、箱を川に投げ入れ、「これで望まぬ求婚者から娘を自由にしたぞ。」と考えました。しかし、その箱は沈まずにボードのように浮かんで一滴の水も中にしみ込みませんでした。そして、王国の首都2マイル圏内まで流されていきました。そこには水車があり、箱は水車ダムで止まりました。

    運よく水車番の男の子が立っていたので箱に気づき、フックで引きあげました。大きな宝物を見つけたと喜んでいたのですが、開けてみると中には元気でかわいい男の子がいました。水車番が粉屋夫婦のところへ箱を持っていくと、2人には子供がいなかったので「神様が子どもを授けてくださった」と喜びました。

    2人は拾った子をとても大切に育てたので、男の子は立派な大人になりました。あるとき偶然、王様が水車小屋に入ってきて、粉屋に「あの背の高い青年は息子か?」と尋ねました。「いいえ、拾ったんです。14年前、箱が水車ダムまで流れてきたんで、水車番が川から引き揚げたんですよ。」と粉屋は答えました。

    話を聞いた王様は、その青年は自分が昔、川に捨てた幸運の子どもに違いないとわかり、「善良な民よ、お妃への手紙をあの青年に託せないだろうか?褒美として金を2つ授けよう。」と言いました。粉屋はすぐに返事をすると、青年に準備をするよう伝えました。

    それから王様はお妃様宛に手紙を書きました。そこには、「青年から手紙を受け取ったらすぐに殺して埋めておくれ。私が帰る前にすべてを終わらせるのだよ」と書いてありました。青年はこの手紙を持って家を出ましたが道に迷ってしまい、夜には広い森に着きました。暗闇の中で小さな明かりが見えたので近づくと、小屋に着きました。中に入るとおばあさんが1人で暖炉のそばに座っていました。青年と目が合うと、「どこから来たんだね?どこへ行くのかい?」と尋ねました。青年は「水車小屋から来たのです。お妃様のところに手紙を届けに行きたいのですが、森で道に迷ってしまったいました。ここで一晩過ごさせてください。」と答えました。

    「可哀そうな子だね。お前は泥棒の隠れ家に入って来たんだよ。奴らが帰ってきたらお前は殺されてしまう。」とおばあさんは言いました。青年は「かまわないです。僕は怖くないですよ。もうくたくたで、どこにも行けません。」と言うとベンチに横になり眠ってしまいました。しばらくして帰ってきた泥棒たちは、おばあさんに「そこで寝ている奴は誰だ?」と怒って聞きました。「ああ、道で迷子になった子だよ。可哀そうだから一晩泊めてやったのだよ。なんでもお妃に手紙を持っていかなくちゃと言っていたよ。」とおばあさんは答えました。

    泥棒たちは手紙を開けて読むと、そこには青年が着いたらすぐ殺すようにと書いてありました。いつもは酷い泥棒たちもさすがに可哀そうに思いました。親分はその手紙を破り、そして、青年が来たらすぐに王女様と結婚させるようにという別の手紙を書いたのでした。青年を次の朝までそっと静かに眠らせて、若者が目覚めると手紙を渡し、正しい道を教えてあげました。そしてお妃様は手紙を受け取って読み、書かれた通りにしました。

    壮大な結婚パーティを開き、王女は幸運の青年と結婚しました。青年は優しくてハンサムだったので王女も喜び、満ち足りた暮らしをしていました。しばらくして王様が宮殿に戻ると、予言が現実となり王女と青年が結婚していました。「なぜこのようなことになったのだ?わしが出した手紙には全く別の命令があったはずだぞ」と言いました。お妃様は手紙を渡し、内容をご自分で見てほしいと言いました。王様は手紙を読み、別の手紙と取り換えられたことを理解しました。

    そして、託した手紙はどうしたのか、なぜ別の手紙を持ってきたのかと青年に尋ねました。「何もわかりません。夜、森で眠っていた間にすり替えられたに違いありません。」と青年は答えました。王様は大いに怒って「何でもお前の思い通りにはさせん。娘と結婚する者は地獄に住む悪魔の頭から、金の髪の毛を3本とってこなくてはならぬのだ。」と言いました。

    このようにして王様は青年を永遠に追い払いたかったのでした。しかし、幸運の青年は「金の髪の毛をとってきます。私は悪魔など怖くはありません。」と答えました。支度を整えると皆に別れを告げて、青年は旅に出ました。歩いて行くと、大きな町がありました。門番が何の商売をしているか、知っていることは何かと尋ねました。幸運の青年が「何でも知ってるよ」と答えると、「では、尋ねるが、市場の泉が昔はワインだったのに、今は乾いて水すら出さないのはどうしてか」と言いました。

    「教えてあげるよ。ただ帰ってくるまで待ってくれ」と青年は答えました。それから、さらに進んでいくと別の町に着きました。そこでも門番が何の商売をしているか、知っていることは何かと尋ねました。幸運の青年が「何でも知ってるよ」と答えると「では、町にあるりんごの木が昔は金のりんごを実らせたのに、今は葉すら生えないのはどうしてか教えてもらいたい」と尋ねました。

    「教えてあげるよ。ただ帰ってくるまで待ってくれ」と青年は答えました。それからまた進んでいくと、渡らなければならない広い川に出ました。渡し守は何の商売をしているか、知っていることは何かと尋ねました。幸運の青年は「何でも知ってるよ」と答えると、「では、おれがどうしていつも船をあっちの岸とこっちの岸を行ったり来たり渡さねばならず、いつになっても自由の身になれないのはどうしてなんだ」と尋ねました。

    「教えてあげるよ。ただ帰ってくるまで待ってくれ」と青年は答えました。川を渡った先は地獄の入口でした。そこは黒くて中はすすけていました。悪魔は留守でしたが悪魔のおばあさんが大きな肘掛け椅子に座っていました。「何の用かね?」とおばあさんは尋ねました。あまり意地悪そうには見えませんでした。「悪魔の頭から3本髪の毛をとりたいんです。それができないと、妻と過ごせないのです」と青年は答えました。

    「それは随分な話だね。悪魔が戻ってきてお前を見つけたら、命はないよ。まあ、でもそれでは可哀そうだ。助けてやるか」とおばあさんは言いました。おばあさんは青年を蟻(アリ)の姿に変え、「わしの服の折り目に這ってきなさい。そこにいれば無事だろう」と言いました。

    青年は、「ありがとう。それで、ほかに知りたいことが3つあるんです。1つ目は市場の泉が昔はワインを出したのに、今は乾いて水すら出さないのはどうしてか、2つ目は、りんごの木に昔は金のりんごが実っていたのに、今は葉すら生えないのはどうしてか、3つ目は、渡し守はどうしていつも行ったり来たり川を渡らねばならず、いつになっても自由になれないのはなぜか」と言いました。

    「それは難しい質問だね。だけど、静かにしてわしが悪魔から3本の髪の毛を引き抜くときに、悪魔が言うことをよく注意して聞いておくがいい」とおばあさんは答えました。夜になると悪魔が帰ってきて、入るなり空気が淀んでいることに気づきました。「人間の肉の匂いがする。何かあるな」と言い、部屋の隅々に首を突っ込んで捜しましたが、何も見つかりませんでした。

    おばあさんは孫を叱り、「掃除したばかりだよ。全部片付いてたのに、お前はまたひっくり返してるのかい。いつも鼻の中に人間の肉の匂いが詰まってるんだよ。座って夕食をお食べ」とおばあさんは言いました。悪魔は食事が終わると、くたびれて頭をおばあさんの膝にのせ、それからまもなくいびきをかいて、重そうに呼吸をしてぐっすり眠ってしまいました。するとおばあさんは金の髪の毛を1本つまんで抜き、自分の横におきました。「痛い、何するんだよ!」と悪魔は叫びました。「悪い夢をみてたんだよ、それでお前の髪をつかんだのさ」とおばあさんが言うと、「じゃあ、どんな夢だったのかい?」と悪魔が聞きました。

    「市場の泉が昔はワインを出したのに、今は乾いて水すら出さない夢さ。何が原因だったんだろうね」

    「ああ、それね、知らなきゃ教えてあげるよ。泉の石の下にヒキガエルがいるのさ、その蛙を殺せばまたワインが出てくるよ」と悪魔は答えました。悪魔はまたうたた寝を始め、窓が揺れるほどのいびきをかきました。おばあさんは2本目の髪の毛をひきぬきました。

    「何してるんだい!」と悪魔は怒鳴りました。「悪く思わないでおくれよ。夢の中だったのさ」とおばあさんは言い、「今度はどんな夢だよ?」と悪魔は尋ねました。

    「ある王国でりんごの木があったんだがね、昔は金のりんごを実らせたのに、今は葉も生えない夢さ。どうしてなんだろうね?」とおばあさんが言いました。「ああ、それね。知らなきゃ教えてあげるよ。ネズミが根をかじっているからさ。そいつを殺せばまた金のりんごが実るよ。これからもっとずっと長くかじれば木も枯れてしまうさ。ばあさんの夢はもう沢山だよ。また眠っているのを邪魔したら、今度は耳をなぐるからな」と悪魔は言いました。おばあさんはやさし語りかけ、とうとう悪魔は眠っていびきをかきました。

    それで3本目の髪の毛をつかんで引き抜きました。悪魔は跳び上がって唸り声をあげ、おばあさんが「悪い夢を見てしまうのはわしのせいじゃないよ」となだめなかったなら、酷いことになっていたでしょう。「いったいどんな夢だい?」と悪魔は興味深く尋ねました。

    「渡し守があっちとこっちの岸を行ったり来たりしているのにいつになっても自由になれないと愚痴を言ってる夢をみたのさ。どうしてなんだろうね?」「間抜けな奴だな。誰か来て渡りたがったら、そいつに竿を渡せばいいんだよ。そしたら、そいつが漕がなきゃいけなくなる。それで渡し守は自由になれるよ」と悪魔は答えました。おばあさんは3本の金の髪の毛を抜き、3の質問の答えも聞いたので、悪魔にかまうこともなくなりました。それで悪魔は朝まで眠りました。悪魔がまた出かけると、おばあさんは服の折り目から蟻を出して、幸運の青年の姿に戻しました。

    「さあ、3本の金髪をあげよう。3つの答えもお前は聞いたね」と言いました。「はい、聞きました。よく覚えておきます」と青年は答えました。「お前は望みのものを手に入れた。だからもうお帰り」とおばあさんが言ったので、青年は困っていたときに助けてくれた礼を言い、すべてがとてもうまくいったことにとても満足して、地獄を去りました。渡し守のところにくると、渡し守は約束の答えを待っていました。

    「先に川を渡してください。そうしたら、どうやって自由になれるか教えてあげるよ」と幸運の青年は言いました。そして反対側の川岸に着くと、悪魔から聞いたことを教えました。「次に誰かが川を渡りにきたら、棹をその人に渡せばいいんだ」と。歩いていくと、実がならない木がある町に着きました。そこでもまた門番が答えを待っていました。それで「木の根をかじっているネズミを殺せば、木にはまたりんごが実るよ」と、悪魔から聞いたことを話しました。すると門番は感謝して、お礼に金を積んだ2頭のロバをくれました。ロバは青年の後をついていきました。ついに、渇いた泉がある町にやってきました。門番に、「ヒキガエルが泉の中の石の下にいるんだ。そいつを探して殺せばいいのさ。そうすれば泉はまたワインで溢れるよ」と、悪魔が言ったことを話しました。

    すると門番は感謝し、お礼に金を積んだ2頭のロバをくれました。とうとう幸運の青年は妻のもとへ戻ってきました妻は再び夫に会えて、どんな旅だったのかを聞いて心から嬉しくなりました。王様には、約束の3本の金の髪の毛を渡しました。金を積んだ4頭のロバを見ると王様はご満悦で、「全ての条件を満たしたのだから、王女を妻としておいてよい。しかし、婿よ、教えてくれ。あの金はどこで手に入れたのだね?これは素晴らしい富だよ」と言いました。幸運の青年は「船を漕いでもらって川を渡り、着いた先の岸に砂の代わりに金があったのです」と答えました。

    「わしも取ってこれるだろうか?」と、王様はとても熱心に尋ねました。「好きなだけ、沢山とれますよ。岸には渡し守がいますから、川を渡らせてもらってください。そうすれば向こう岸で金を袋につめられます」と答えました。貪欲な王様は大急ぎで出発しました。川に着くと渡し守を手招きし、向こう岸に渡すように言いました。渡し守が来て船に乗り、共に渡りました。ところが、反対岸につくと渡し守は王様に棹を渡し、跳んで行ってしまいました。このときから王様は、自分が犯した罪に対する罰として、渡し守をしなければいけなくなりました。今もまだやっているでしょう。もしそれが本当なら、誰も王様から棹をうけとっていないのです。

  • 更新日
  • 投稿日