ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

居留地女の間では その晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。 アレキサンダー君は、そんな遊び場所に就いてなら、日本人の私なんぞよりも、遙かに詳かに心得ていた。 アレキサンダー君は、その自… 続きを読む ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

1280px-ultima_cena_-_da_vinci_5

旧約聖書:申命記

第1章 1:1 これはヨルダンの向こうの荒野、パランと、トペル、ラバン、ハゼロテ、デザハブとの間の、スフの前にあるアラバにおいて、モーセがイスラエルのすべての人に告げた言葉である。 1:2 ホレブからセイル山の道を経て、… 続きを読む 旧約聖書:申命記

1280px-ultima_cena_-_da_vinci_5

旧約聖書:民数記

第1章 1:1 エジプトの国を出た次の年の二月一日に、主はシナイの荒野において、会見の幕屋で、モーセに言われた、 1:2 「あなたがたは、イスラエルの人々の全会衆を、その氏族により、その父祖の家によって調査し、そのすべて… 続きを読む 旧約聖書:民数記

1280px-ultima_cena_-_da_vinci_5

旧約聖書:レビ記

第1章 1:1 主はモーセを呼び、会見の幕屋からこれに告げて言われた、 1:2 「イスラエルの人々に言いなさい、『あなたがたのうちだれでも家畜の供え物を主にささげるときは、牛または羊を供え物としてささげなければならない。… 続きを読む 旧約聖書:レビ記

1280px-ultima_cena_-_da_vinci_5

旧約聖書:創世記

第1章 1:1 はじめに神は天と地とを創造された。 1:2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 1:3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 1:4 神はその光を見て… 続きを読む 旧約聖書:創世記

c03b904b

火打箱

兵士が大通りを行進してきます。「左、右 左、右」。 兵士は背中にリュックを背負い、腰には刀をつけています。兵士は戦地へ行っており、今自分の町に戻ってきているのです。 兵士が歩いておりますと、ゾッとするような恐ろしい姿の歳… 続きを読む 火打箱

209446-1600x1130-bust_of_aesop_pushkin01

泥棒とランプ

ある泥棒はユピテルの神殿から自分のランプに火をつけ、その明かりを使って神を強奪しました。 泥棒が神聖冒涜の盗品を持って立ち去ったとき、聖なる神が突然自ら話し始めました。 「それらの賜物は悪人に盗まれ私にとっては憎むところ… 続きを読む 泥棒とランプ